HOME会社情報>マテリアリティ

マテリアリティ

当社グループは、「医薬品の創製を通じて、世界の人々の健康に貢献します」という企業理念のもと、事業を通じて社会に価値を提供し、持続可能な社会の実現に寄与していくことが、当社の存続と成長に不可欠であると考えています。その考えを明確にし、取り組みを強化していくため、当社が取り組むべき重要課題をマテリアリティとして特定しています。当社はこれらを意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を行っています。

マテリアリティ特定プロセス

ステップ1 考慮すべき社会課題の抽出

マテリアリティを特定するにあたり、国際的なガイドライン、GRIスタンダードなどに加え、SASB*1の製薬産業の評価基準、ATMインデックス*2の評価項目なども勘案し、考慮すべき社会課題を包括的に抽出しました。

  1. *1 : Sustainability Accounting Standards Board(サステナビリティ会計基準審議会)。サステナビリティの開示基準を業種別に策定・公開している米国の非営利団体。
  2. *2 : Access to Medicine Index。世界の製薬企業上位20社の医薬品アクセス改善における貢献度を評価し、ランク付けしたもの。オランダを拠点とする非営利団体Access to Medicine Foundationが実施。
ステップ2 社会課題の優先順位づけ

ステップ1で抽出した社会課題について、当社グループの重要度を当社の価値観・大きな方針、戦略・具体的な活動目標、リスク関連情報などから評価しました。
また、ステークホルダーの重要度を評価するため、社外のステークホルダーを代表し、責任投資を推進する評価機関が重要視する項目を分析整理しました。これら2軸でマテリアリティマップを作成し、優先順位の高い項目を絞り込みました。

図?
ステップ3 妥当性確認とマテリアリティの特定

作成したマテリアリティマップの妥当性を社内・社外有識者との協議を経て確認し、マテリアリティの特定を行いました。特定された7つのマテリアリティについて、主な取り組みと持続可能な開発目標(SDGs)、当社が定めるコード・オブ・コンダクト、当社が所属する三菱ケミカルホールディングス(MCHC)が掲げるKAITEKIのMOS指標との関連性を整理・確認しました。

PDF  ※マテリアリティと主な取り組み・実績、コード・オブ・コンダクト、MOS指標一覧(243KB)

マテリアリティと主な取り組み・実績

マテリアリティに対する取り組み状況を把握し、さらなる改善に繋げる為、モニタリング指標を設定し、年度ごとに取り組みの検証を行っています。

①新たな価値を持つ医薬品・医療サービスの創製
すべての人に健康と福祉を 産業と技術革新の基盤をつくろう
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
新薬の創製、効能追加、用法用量の変更、剤型追加、製品の改善 承認数(過去5年) 23件 (国内外)
製品改善件数(過去5年) 13件 (国内外)
創薬に関する受賞歴
(2007年合併以降累計)
18件 (国内外)
ワクチン出荷数 17百万本 (国内)
当社が提供するオーファンドラッグ*3の使用患者数 10万人 (国内外)

*3:希少疾病用医薬品とも呼ばれ、難病といわれるような患者さんの数が少なく治療法も確立されていない病気のための薬

マテリアリティ一覧に戻る

②製品の品質保証と安定供給
すべての人に健康と福祉を つくる責任 つかう責任
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
高品質な医薬品を安定供給するための体制の構築 グループ製造所における自責クレーム発生率 1ppm*4 (国内外)
品質の問い合わせに対する顧客満足度 92.4% (国内)

*4:1ppm=0.0001%

マテリアリティ一覧に戻る

③製品の適正使用の推進
すべての人に健康と福祉を つくる責任 つかう責任
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
製品に関する問い合わせ窓口の設置、安全性情報の収集、適正使用に関する情報提供活動 臨床研究に関する外部発表数(論文・学会等) 56件 (国内外)
MRによる安全管理情報収集件数 7,419件 (国内)

マテリアリティ一覧に戻る

④倫理的で公正・誠実な事業活動
つくる責任 つかう責任 平和と公正をすべての人に
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
コンプライアンス意識の醸成、各種ポリシー等の制定・遵守、コンプライアンスやハラスメントに関するホットラインの設置 コンプライアンス研修受講率 97.7% (国内)
コンプライアンスに関する従業員の意識
(5点満点)
4.34点 (国内)

マテリアリティ一覧に戻る

⑤ステークホルダーとの対話と信頼される情報開示
つくる責任 つかう責任
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
会社情報の適時・適切な開示、投資家や従業員などステークホルダーとの対話 投資家向け説明会・面談実施数 198回 (国内外)
従業員の経営層に対する理解度
(5点満点)
3.68点 (国内)
次世代教育支援活動の実施数
(出前授業、企業訪問の受け入れ等)
10回 (国内)

マテリアリティ一覧に戻る

⑥従業員の健康と多様性の尊重
すべての人に健康と福祉を ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
健康経営の推進、産休・育休・介護休暇・テレワーク、LGBTへの取り組みなど全ての従業員が活躍できる職場環境の整備 総労働時間数(従業員1人、1か月あたり) 153.9時間 (国内)
有給休暇取得率 68% (国内)
喫煙率 19.8% (国内)
多様性に関する従業員の意識(5点満点) 3.72点 (国内)
女性管理職比率 20.2% (国内外)
従業員国籍数 29か国 (国内外)

マテリアリティ一覧に戻る

⑦人々の健康に関連する社会貢献活動
すべての人に健康と福祉を 産業と技術革新の基盤をつくろう パートナーシップで目標を達成しよう
主な取り組みと2018年度実績(集計範囲)
患者団体支援、研究助成、疾患啓発活動、発展途上国へのワクチン提供支援、GHIT Fund 健康支援サイト訪問者数 729万人 (国内外)
従業員の社会貢献活動参加率 42.3% (国内)
手のひらパートナープログラム助成団体数
(2013年度助成開始以降累計)
91団体 (国内)
途上国の人々の健康に貢献するプログラムによる支援数 給食12,236食、
ワクチン14,500人分
(国内)

マテリアリティ一覧に戻る

PDF  ※マテリアリティと主な取り組み・実績、コード・オブ・コンダクト、MOS指標一覧(243KB)

* MOS指標については、MCHCのウェブサイトをご覧ください。
https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/sustainability/kpi/

会社情報

  • 田辺三菱製薬@ミュージアム
Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ